すっぴんかにちゃんのその日綴り

疲れ果てながら自由気ままに生きています。そんな私の備忘録。

不器用母ちゃん弁当

今週のお題「お弁当」

 

不器用母ちゃん

私の母ちゃんはとっても不器用だ。

細かい作業や事務作業は苦手で避けて生きてる。洗濯と掃除は毎日きっちりしていたけれど、縫物なんかもってのほか。

子どもの頃学校に持っていく雑巾も縫わずに買っていたし、私と兄の服の穴も大きなアップリケがガタガタに縫われて塞がれていた。しょっちゅう服のボタンを飛ばしてしまう父ちゃんは「いい加減にしろ!毎度毎度ボタン飛ばしやがって!!もう絶対ボタンなんかつけてやらねぇから!」と母ちゃんの怒りを買ってしまいそのうち自分で縫い付ける様になった。

 

そんな母ちゃんは料理もすっごく苦手で大嫌い。

料理中に「やりたくな~い!!」「料理きら~い!!」と叫んでいたし、「なんもしたくねぇ歌」という歌を自作して良く歌っている。いまも。

母ちゃんは三角おにぎりを握れなかったのでおにぎりはいっつも楕円。手作りお菓子なんか作ってくれたこともなく「買った方が美味いし安い」と言われた。

そんな母ちゃんのお弁当はいつも冷凍食品でいっぱい。

手作りは卵焼きだけなんて日もよくあって、茶色い冷凍食品が詰め込まれた2段弁当は年頃の私にとって少し恥ずかしいお弁当だった。カラフルなお弁当にしてと文句を一回言ったことがあるけれど、次の日塩コショウで炒めたミックスベジタブルが入っていたので可愛いお弁当は早々に諦めることになったのだ。

そんな中の唯一の手作り卵焼きもよく異物が混入してあって、卵の殻なら可愛いもので食器洗いスポンジの切れ端や金タワシの一部、菜箸の先っちょ、何かのプラスチック…などなど、どうやったら入るのよと突っ込みたくなる卵焼き。

 母ちゃんに文句を言うと「あら~大当たりね~」なんて返ってきた。

でも時々海苔やカニカマが入った特別な卵焼きがあったり、私が好きだと言ったおかずを忘れずにいれてくれていたり、毎日絶対忘れることなく作ってくれたお弁当。

あの頃はちょっと恥ずかしかった弁当も今思えば優しい母ちゃんの頑張りと愛情の塊だったのだなと思う。

 

私はもう家を出てしまって母ちゃんの楕円のおにぎりもお弁当も食べられないけれど、今度は自分でお弁当を作るようになった。

焼き鮭、ほうれん草のおひたし、シイタケのバター醤油焼き、きんぴら、ひじきの煮物、手羽中のこんがり焼き、小さなコロッケ……自分で作ってせっせと詰める。

母ちゃんの弁当で育ったのに母ちゃんの弁当とは全然違う私の弁当。卵焼きが上手く巻けないのは今のところご愛敬として見て見ぬフリを続行中。

 

卵焼きを巻くコツを電話で聞いたら「ひたすら巻いて巻いて巻くのよ。練習あるのみ。数こなしなさい。まぁ、卵焼きなんて食べれればいいのよ」なんて適当な答えが母ちゃんらしかったりして。

 

カッとしたときの豚汁

日常生活に疲れたりイライラするとつい作ってしまうものがあります。

 

豚汁です。

 

無性に食べたくなる…というか作りたくなってしまいます。

もちろん味も好きだし白米に添えればそれだけで豪華な夕飯に見えてくるし野菜もたっぷり摂れる優れものである豚汁。

もう豚汁様と呼んでも遜色ないほど。

 

私はそんな豚汁をカッとなったとき作ります

大体毎月15日前後。仕事が忙しい時期で毎度毎度くたくたになって帰る頃合いです。

イライラもやもやしながら、あぁ…鍋にドカンと豪勢なものを作りたい…と朝から晩まで豚汁のことを考え、豚汁に入れる具を思案します。豚汁って具だくさんだから豪勢ですよね。

と言っても毎回そんなに代わり映えしないんですけどね。

 

豚肩ロース・玉ねぎ・こんにゃく・油揚げ・ごぼう・干ししいたけ

 

これが毎回のレギュラーメンバーです。そこに時々冷蔵庫にあった白菜やキャベツ、大根も入れてみたり、きのこ類を足してみたり、切り干し大根もいれたりします。ごぼうは面倒くさいと水煮になっているやつを買ったりする手抜きぶりも発揮

いわゆる冷蔵庫の中身ぶっこみ汁なわけですが、そんな適当さでも確実に美味い豚汁。

食べたくなってきた。

 

我が家の豚汁は電気圧力鍋で作ります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

電気圧力鍋 パナソニック 圧力鍋 SR-MP300-K 電気圧力なべ ブラック 圧力鍋
価格:27000円(税込、送料別) (2021/2/15時点)

楽天で購入

 

宣伝みたいになっちゃいますけど、これすっごく便利です。

鍋を火にかけたらそばを離れられなかったり、根菜を入れると火が通るのに時間がかかったり、ガス代(我が家はプロパンだから高い)が心配になったり、と色々な心配があるんですがそれがサッパリなくなります。

圧力かけて、圧力調理して、圧力下げて…と決して調理時間がすっごく短い!というわけではないんですが、調理中自由だし失敗は基本しないし具は柔らかいしとメリットは大きいです。

今度電気圧力鍋に関して別に書こうかなと思います。

 

豚汁レシピ

1.野菜と肉とその他の具を一口大に切る

2.肉とこんにゃく、油揚げをザルにうつし上から熱湯をかけ湯通しする

3.電気圧力鍋に具をすべて入れ適量の水+粉末出汁かだし汁を入れる

4.圧力調理5分でスイッチオン

5.力が下がったらお好みで味噌を解いて完成

 

ほぼ電気圧力鍋にお任せしてます。熱湯もT-falという文明の利器を使って湧かすので我が家は火を一切使わず豚汁を作れるわけです。

 調理が終わった後、ふたを開けて味噌を解いている間に空腹メーターは跳ね上がり味見と称しちょっと食べたりなんかして。野菜は柔らかく旨味がしっかり出てるので満足度も十分。

そこに米さえ炊いておけば最高の夕飯の出来上がりです。

七味唐辛子や納豆を添えるとまた一味違う豚汁にもなります。

 

味噌汁はおかずにならないという方もいますが、我が家では具だくさん味噌汁はおかず。食べると案外お腹がいっぱいになるし、体もほかほかしてくるのでメインに置いています。

 

作ってストレス発散して美味しい夕飯も出来上がる。一石二鳥な私の豚汁でした。

 

 

 

 

【読書感想文】僕のコーチはがんの妻

私の好きなことの一つに読書があります。

漫画・エッセイ・小説・コラムに評論までとにかく文字であれば何でも読みます。

去年(2020年)は約400冊読みました。コロナによる自粛も相まってお家時間が増えたおかげでしょうか。

せっかく読んだのだから、その中から是非皆さんに読んでほしいという本をピックアップして読書感想文を書いていこうかなと思います。

 

今回紹介したい本はこちら

僕のコーチはがんの妻

 


 

 

朝日新聞で藤井満さんが連載していたコラムが1冊の本になりました。

 

結婚20周年目前で妻ががんになった記者である僕(藤井満)。妻の負担を減らそうと妻から料理を教わることに。今まで任せきりで家事をしてこなかった僕に妻はビシバシと家事を叩き込む。そんな日々はやがて闘病生活のオアシスになっていった。だけど病気は僕の妻をどんどん蝕んでいく…。

 

身近な人が病気になって弱っていく。

それを見守るのはどんなに辛いことだろうと胸が締め付けられる一冊です。

 

妻の病気が分かった時から優しく読みやすい文体で綴られています。新聞での連載ですが堅苦しいところは一つもなく、ただひたすらに僕と妻の大切な日々が紡がれていきます。

ときおり綺麗な写真や生活を切り取った一枚、妻が描いたイラスト、妻が僕に叩き込んだレシピを交えてあり読み心地は非常にフランク。

 

読み進めるうちに僕と妻の日常やこれまでの思い出があまりに優しく平凡な日々でいつしか友人のような身近ささえ持ってしまい、それがなおさら読み進める辛さを助長してしまうのです。

 果たして二人はどんな生活をして、どんなふうに病気と闘い、どうやって本が完結していくのか。

 

あなたに愛する人がいるなら、ぜひ読んでほしい一冊です。

横にいる愛する人と肩を寄せ合いながら読んでみてください。

はじめまして。

はじめまして。

すっぴんかにちゃんと申します。

北海道に暮らす20代女性で現在婚約者と共働き2人暮らしです。

何か新しいことを始めたいなと思いブログをはじめました。

決まったジャンルはないのですがとにかく自由に好きなことを書いていけたらいいなと思います。

 

インスタで時々イラスト日記も書いているのでブログでも描いていこうかなと画策中です

 

f:id:suppinkanichan:20210210201903j:plain

自己紹介(インスタから)

 

はてなブログの使い方が全然わからないのでしばらく試行錯誤です…